新着情報・一覧

幻の東部戦線 12月28日発売です。

幻の東部戦線 12月28日発売です。
定価:3,000円(税込み) 東西冷戦下、新生ドイツ連邦軍はエルベ川で巨大なソ連軍通常戦力と対峙します。それは新たな「東部戦線」でした。月刊PANZERで28回に渡って連載された「幻の東部戦線」を一冊にまとめました。付録としてポーランド国家記銘院所蔵のワルシャワ条約機構軍の核攻撃想定地図(1979年)を折込で収録しています。主要都市や目標を覆うキノコ雲マークには慄然とさせられます。

PANZER2021年2月号 12月26日発売です。

PANZER2021年2月号 12月26日発売です。
定価:1,900円(税込) 特集は中国軍の最新鋭戦車15式軽戦車です。2019年10月に初めて姿を現し、その後情報が矢継ぎ早に明らかになっています。軽戦車と侮るなかれ、火器管制システムのリアルタイム高速ネットワーク化などソフトウエアは最新で「第4世代戦車」の技術を先取りしているかもしれません。 グラビアではポーランドとアメリカの合同演習「DEFENDER EUROPE20 ACT.2」、11式短SAMの実射訓練、T-80BVMの詳細などを紹介します。フィンランド戦争写真集、レオパルド2開発史も連載中です。

ウオーマシンレポートNo.97 Ⅲ号戦車-2- 12月14日発売です

ウオーマシンレポートNo.97 Ⅲ号戦車-2- 12月14日発売です
定価:2,550円(税込み)Ⅲ号戦車の後半生にあたる短砲身から長砲身に切り替わるH型以降、M型までを多数の写真を駆使して解説します。 ■目次 Ⅲ号戦車マーキングコレクション Ⅲ号戦車H型 Ⅲ号戦車J型 Ⅲ号戦車L型 Ⅲ号戦車M型

PANZER2021年1月号 11月27日発売です。

PANZER2021年1月号 11月27日発売です。
定価:1,900円(税込み) 特集は早すぎた革命児T-64です。 第二次世界大戦で最良の戦車の一つと評されるT-34シリーズを生み出したソ連は戦後も新型戦車開発に邁進し、1960年代には最も革新的なT-64を完成させました。でも構造は複雑で取扱いの難しい難物でした。戦車王国たるソ連の先進性とソ連社会における最新兵器開発の限界が同居していました。 イタリア軍豆戦車CVシリーズ、見どころ満点?北朝鮮の軍事パレードも紹介します。